2014年02月25日

アホ毛道 第2日目

アホ毛シナリオ担当きくちです。

◯前回までのあらすじ
セール期間を逃し、
標準価格で渡し手形を購入した
アホ毛シナリオ担当きくちは
第二道の中ボスまでたどり着く。

20140225a.jpg

“「殺ったる!」「うわ〜」……っと。”

“こら、お前はいったい何を落描きしておるのだ。”

“アホ毛の神さま、人のノートを勝手に見ないでくださいよ。
ちょっと第二道の中ボスで詰まってしまって、
腹いせに落描きしてうさばらししてたところなんですから。”

“またつまらぬことをやりおってからに……。
ちょっとアドバイスをくれてやるから、
そのタブレットを貸すがいよい。
さて、ちょちょちょいのちょいと……。
ここからやってみるのじゃ!”

20140225b.jpg

“これは第二道のボス「あほげ・ぐりーん」じゃないですか。
中ボスも倒せないのに、いきなりステージボスと戦うなんて無茶ですよ!”

“修行中の質問は一切受け付けぬ!”

やれやれ、理不尽な……。やってみるけど……やってみるけど結果は……。

20140225c.jpg


これまでか…

“このアホ毛めが! 誰が休んでよいと言ったのじゃ。
何度でもやり直すがよい、「あほげ・ぐりーん」戦を!”

“そんな殺生な〜!”

20140225d.jpg

はぁ、はぁ……。果たして私はいくたび
「あほげ・ぐりーん」と戦ったのであろうか。
その激しい戦いのため、私の目はかすみ、指の爪は割れ、
破れた指の皮膚から流れた血によって、
タブレットをなぞる指がすべってしまうほどに。

“神さま、大げさなナレーションは止めてくださいよ。”

“ちょっしたお茶目さんじゃ。スルーせい。
それよりも若きアホ毛よ、じっくりボスと戦ったすえに何を得た?”

“えっと、ボスにはザコと違って特別に強力な
攻撃方法があることを見抜きました。”

“うむ、グッドじゃ。だから、ボス戦で通常の敵と同じような
戦い方をすると、おおむね負けてしまうことになるのじゃ。

……では、修業の成果を確かめるため、
再び第一道のボス「あほげ・ぶるー」と戦ってみるがよい!”

“はい!”

20140225e.jpg

結果はノーダメージでの圧勝であった。

(つづく)
posted by アホ毛ブ員 at 20:58| ブ日誌

2014年02月24日

アホ毛道 第1日目

アホ毛シナリオ担当きくちです。

◯前回までのあらすじ
アホ毛シナリオ担当きくちは
渡し手形を購入しようと
いままさに画面をタッチしようとする。

20140224a.jpg

“よし、購入完了だ。これで第二道に進めるぞ。”

“なんか上の写真だと300円になっとるが、
セール期間は23日いっぱいじゃなかったかのう?”

“何円支払ってもいいじゃないですか、アホ毛の神さま!
ソチ五輪閉会式が23日25時だったから、
うっかりセール期間を逃しちゃったんですよ!”

“「次から本気を出す」と言っておいて
このざまでは先が思いやられるのう。”

……とにかく先に進めよう。

20140224b.jpg

第二道のボスは「あほげ・ぐりーん」だ。
強そうな感じは受けないが、
なんだかめんどくさそうな
ムードをただよわせているぞ……。

20140224c.jpg

“おっと。割ってすまんが渡し手形を購入すると
ステージ開始直前にアイテムショップが開くのじゃ!”

“神さま、ポテトとかステーキとかを売ってますが、
ひょっとしたらどこかのお店で使えるクーポンを発行してくれるとか?”

“いや、世の中にはそういうアプリもある聞くが、
『アホ毛ちゃんばら』はゲームアプリじゃでそういうのはない。”

ウケ狙いのネタだったのにマジレスされてしまったよ……。

20140224d.jpg

まぁ、しばらくポイントを使うあてもないし、
拡張スロットとステーキセットを買ってみた。

まだ消費アイテムに頼るようなステージではないし、
特にアイテムセットなどはせず、素直に第二道へと向かう。

20140224e.jpg

消極的な気もするが徹底的に避け重視でプレイだ。
敵の攻撃を避けるには敵のアホ毛と目の光の様子をうかがえ。
特に敵のアホ毛が大きく気合をためたときはより注意が必要だ。

早めのスワイプで避けて、そのまま指を画面から離すな!
すたみなの続く限り、避けポーズは維持される

20140224f.jpg

気合のたまったアホ毛が空振りすると、
地面に刺さってしばらく大きなスキができる。
そこを狙って攻撃すれば安全に確実に敵に大ダメージを与えられるぞ!

以上の教えを守れば、次の写真のように
中ボスまで無傷でたどりつくのもたやすいのだ。

20140224g.jpg

だが、問題はその中ボスであり……。


(つづく)

posted by アホ毛ブ員 at 21:50| ブ日誌

2014年02月21日

アホ毛道 第0.99日目

アホ毛シナリオ担当きくちです。

◯前回までのあらすじ
アホ毛シナリオ担当きくちは
 Android版『アホ毛ちゃんばら』
第一道をクリアできなかった。

ahoge_20140221a.JPG

GOOGLE PLAYギフトカード(1500円)を
コンビニで買ってきました。
あとは第一道をクリアするだけだ。
いざ参らん、アホ毛の道へ。

ahoge_20140221b.JPG

……そして、討ち死に。

いかん。いったい、何が悪いのだろう。

と、そのとき。第一道がクリアできず、
深い悩みに沈むアホ毛シナリオ担当きくちに
救いの手がさしのべられる。

“このアホ毛もの! いったいお前は何をそんなに悩んでおるのじゃ!”

“あッ、あなたはかの有名なアホ毛の神ではありませんか。”

“細かいあいさつは抜きじゃ! ケツカッチンじゃから巻いてゆくぞ!”

“えっと、第一道がクリアできないんですけど。”

“まさかおヌシ、いま子どもたちに大人気な某ゲームのように、
スマフォをばんばん叩いているのではなかろうな?”

“いや、さすがにワタクシはもう子どもではありませんから。
このゲーム、画面をタッチし続けて気合をためれば
どっかんと強力な攻撃ができることぐらい知っています。”

“では、どうして勝てぬのだ。ちょっとプレイするところを見せてみい。”

“では、ご覧ください。チャッチャッチャラー、チャッチャッチャラー、ばしっ、ばしっ!”

“このアホ毛もの。なんでお前は攻撃を食らってばかりおるのじゃ!”

“えっ?”

“えっ、ではない。チュートリアルの後半を読み飛ばしておったな?
「敵の攻撃をよけたくば上から下へ画面をスワイプせよ」。
これは気合をためている間にも可能なのじゃ。”

“どれどれ……あっ、本当だ。
ほいほいさっさ、よけてよけてよけまくって……と。
あれ、いつの間にか時間切れで第一面のボス
「あほげ・ぶるー」に勝っちゃってるぞ???”

ahoge_20140221c.jpg

“ほぅ、時間切れか。強敵であるステージの中ボス・ボスとの戦いには、
制限時間がもうけられておる。うまくやれば、相手の体力を
ちょっと削っただけでも時間切れで勝つことも可能なのじゃ。”

“ぶつぶつ、なんか勝った気がしない。不完全燃焼だなぁ……。”

“ふぉっふぉっふぉ。アホ毛道はそんな生やさしいものではない!
まだほんの序盤じゃから、そんな余裕ぶっこいたセリフが言えるのじゃぞ。”

ahoge_20140221d.JPG

“ちょっと神さま。なんか先に進むためには
渡し手形が必要って出てるんですけど、どうしたらいいんですか?”

“そこらへんのことは個々の環境によって違いがあるじゃろう。
『アホ毛ちゃんばら』の内容とは関係ないので省かせてもらいたい。”

“……えっと、昼に買ったGOOGLE PLAYギフトカードのナンバーを
入力してっと……。よし、購入完了だ。”

さぁ、次から本気を出す!

(つづく)
posted by アホ毛ブ員 at 22:12| ブ日誌